« 親のこと | トップページ | 妻への手紙 »

私の旅について

人生は旅だと言われています。未知の楽しさフアンタスチックの思いで旅する時や傷心を癒すためにそして自分を取り戻すためにj旅するときもあるでしょう。『そこの角を曲がるとそこは旅である」まさにロマンがあり好奇心のときめきがあるこの言葉が私は好きです。私は観光地に行くとき必ずといってガイドに無い路地や裏通りを散策するのが好きです。ありのままのその土地の生活や住む人々のふれあいに新しい発見があって興味を掻き立てたれます。。必ずカメラを持参して気に入った風景や情景を何枚も撮りますが特に一番記憶に残したい風景は写真を撮らずにしばらくの間凝視して瞼にしっかり焼きつけるようにしています。何年も過ぎ去って思い出してもその時の情景が鮮明に眼に浮かびます。今でも山陰地方に旅した時の日本海の茜色に染まった夕日を眺めあまりの美しさに涙した事を鮮明に思い出し、一生忘れられない記憶になっています。旅は一人で行くか価値観を共有できるパートナーと行くのがベストだと思っています。もし海外旅行に行くことが出来たら水の都ブェネッイアに行き迷路を歩いてみたい、また千年の都プラハに行きたいと思っています。カレル橋やプラハ城からの眺めの橙色の屋根など素晴らしいと思います。念願が叶うことを夢見て日々の生活をしています(*^^)v

|

« 親のこと | トップページ | 妻への手紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは サンタナさんの記事はいつも色々な思い出が
よみがえってきます。有難うございます。
旅は汽車のそれも各駅停車がいいですね。各駅ごとに土地柄がかわり、
車窓には海、山、町など色々な風景が飛び込み、去っていくのを
眺めながらボーと・・・私の憧れです。
海外のパック旅行のバスツアーで観光地よりも休憩した
パーキングの風景が、今でも眼に焼きついています。
旅とは不思議なものですね。

投稿: フクちゃん | 2007年10月14日 (日) 10時06分

こんにちは、コメント有難うございます(^_^)v
フクちゃんの記事を見て私も思い出しました(*^^)v
汽車の旅で車窓を眺めながら各駅停車でその土地の特色のある駅弁を買い風景を見ながら食べるのが楽しみでした(^o^)丿昔のほうがユックリと時間が流れ楽しかった気がします。
私は歳なのかもしれませんね。

投稿: >フクちゃんへ | 2007年10月15日 (月) 12時15分

おはようございます(*^_^*)
旅はいいですね。私はまだ行った事のない地ばかりなので
色々な土地へ行って、そこならではの生活や楽しみを感じてみたいものだなと思いました。よく受講生の方に、「外国は若いうちに借金をしてでもいいから行った方がいい、価値観が変わるよ」と言われます。サンタナさんの日記を読んでいてこの言葉を思い出しました♪

投稿: スヌコ♪ | 2007年10月18日 (木) 09時10分

今日は、いつもコメント有難う御座います(*^^)v
スヌコさんは旅すれば好奇心が旺盛ですのできっと穴場を見つけられて楽しい思いでが沢山出来ると思います(^o^)丿
旅先から自分を見ると違った自分自身を発見することもあります。私もこれから健康なうちに旅したいと思っています(^^♪

投稿: <スヌコさんへ | 2007年10月18日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の旅について:

« 親のこと | トップページ | 妻への手紙 »