« バイクに思いを馳せる | トップページ | 桜の花によせて »

夜の中州の思いで

Catonmoon 今日は、十数年ぶりに東中洲に、デジカメを持参して写真を撮りに行きました。以前の華やかな風情は影を潜めた感じで、昔、妻とデートしたコロンバン、黄昏、ブルーシャトーの喫茶店もなく、あまりの様変わりに驚きと寂寞さを感じました。でも私にとっては大変懐かしい思い出の場所です。会社を経営していた頃、接待費も、年間何百万も飲食代に使って繁々と通った歓楽街です。

あの頃を回想して思い巡らすと、大きな料亭も何軒かあり、料亭といえば何度か接待で博多券番の芸妓さんの踊りを見ましたが、美しい舞姿は実に絵になりました。身のこなし、なめらかな手首の動きや、着物の艶やかさに惚れ惚れしました。参考までに踊り手を(立ち方)三味線を演奏するのは(地方)と言います

また、中州にはかなりのクラブやバーやレッドシューズと言うキャバレーもあって七色に彩られた華やかな夜の蝶のなかで、夜の更けるまで飲んで大いに騒いで、楽しい思いをしました。一流の高級クラブなどは、和服や洋装の美人が揃っていました。着物を粋に着こなした女性の襟足にほのかな色香を感じて魅力がありました。店内の総てもゴージャスで雰囲気も別世界の趣きがありました。ホステスも洗練され、私達も優雅な気分に浸りときめきを感じて楽しかったのですが、エッチな会話はあまり出来ませんでしたね飲食代も想像以上に高くマネーも羽が生えて優雅に飛んで行きました(笑い)

今と違い、何れの店のホステスも流石にプロが多く、客の接待のマナーも洗練されて、楽しく愉快な気分にさせてくれました。それは一般的に男性は妻には愚痴や自慢話をしても、まともに聞いてくれない事が多く、虚しさ、腹立ちさを感じますが、ホステスは職業がら上手に話を聞いてくれるし、褒めてもくれる、また、性的好奇心も満足させてくれる。だから酒も飲んで精神的なストレスの発散になり、歓楽街に憩いを求めて行きたくなるのではないか思います。この思いは私の独断と偏見かもしれませんね

また、飲んで帰りによくラーメンを食べましたが格別に美味しかったのが記憶に残っています。毎晩、帰宅が遅いので、妻から午前様と言われていました

激務のため50代前半に病で、仕事を中途挫折しましたが、精一杯楽しい思いをしました最後に、私を支え応援してくれた総ての人達に万感の思いをこめて有難う

    2008_03280010

             2008_03280025  

 2008_03280020

|

« バイクに思いを馳せる | トップページ | 桜の花によせて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サンタナさま

今日も熱いエッセイを楽しませて頂きましたよ
昔の古き良き時代の中洲がどんなに素敵だったかは、叔母(正しい?)からよく聞かされました。何故なら彼女は20代でカポネというクラブ経営していたので今も中洲には思い入れがあるのです。私が感じる中洲の印象はガラが悪い街…でした。サンタナさんや叔母が見た中洲を私も見てみたいものです

投稿: のびこ | 2008年3月30日 (日) 22時30分

のびこさん~こんにちは
早速コメント頂き有難うございます
今回のブログは書いているうちに文章ガが長くなりました。沢山の想いでが有るからでしょうか
今と違い本当に楽しかったです
ですから我が人生に悔いなしです


投稿: <サンタナ | 2008年3月31日 (月) 13時33分

こんにちは
私は中州の話題、楽しく読ませて頂きました♪

中州は私には何となく、大人の町といった感じです。(笑)
私の中洲の思い出と言えば・・・祖母が映画を見る時はいつも『中州太陽』に連れていってくれた事です。他の映画館に比べると広くはないのですが、あのしんみりとした雰囲気が大好きで、今でもたまに映画を見る時は中州太陽に行きたくなります!

投稿: スヌコ♪ | 2008年4月 2日 (水) 13時11分

こんにちは 昔は中洲で羽目を外されたようですね
中州の夜景きれいですね
中州といえば映画や飲んだりと、数は少ないですが遊んだ記憶は
あります。お酒を飲んだ後のラーメンは美味しかったー

投稿: フクちゃん | 2008年4月 2日 (水) 13時55分

スヌコさん~こんにちは
いつもコメント頂き有難う御座います
スヌコさんの年齢でしたら中州の歓楽街は多分、東京の新宿の歌舞伎町の感じでしょうね
中州の太陽の映画館は私も市内の何処よりも好きです
レトロ調の感じがして昔懐かしい思いです

投稿: ,<サンタナ | 2008年4月 2日 (水) 17時23分

フクちゃんさん~こんにちは
いつもコメント頂き感謝しています
おつしゃる通り羽目を外して夜の蝶のなかで
夜遅くまで楽しんでいました
いつでしたか、家内からあなたと結婚したのは間違っていました。と言われ、これも仕事、仕事と言って逃げていました。
フォトを褒めて頂き有難う御座いましたあのラーメンの味は忘れられません

投稿: ,<サンタナ | 2008年4月 2日 (水) 17時39分

サンタナさん始めてブログ拝見しました。
ロマンチストなサンタナさんの
いのちの輝きをみつめた人生が感じられました。
我が家の近くの、お寺さんの掲示板に
「長い人生、辛いだろう。苦しいだろう。
でも、振り返るとき・・・
その一つ一つが
あなたを輝かせているはず」と・・・
書かれていました。素敵な日記有難う

投稿: ナリ君のママ | 2008年4月 2日 (水) 22時37分

ナリ君のママさん~こんにちは
拙い私のブログに訪問頂き、有難う御座います自我が強く人間として未熟で欠点の多い私に本当に素敵なコメントを頂き、心から感激致しました
有難う御座いますこれから先加齢ですのでせめて残された命を輝いた人生を送るよう努力し精進して行きたいと思っています

投稿: ,<サンタナ | 2008年4月 3日 (木) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の中州の思いで:

« バイクに思いを馳せる | トップページ | 桜の花によせて »