« 私の妻への愛のかたち | トップページ | バイクに思いを馳せる »

映画「母べぇ」を観て

Magaretline

時代は太平洋戦争前夜、治安維持法で検挙された、父親と留守を預かる

母親と娘達の物語です。父べぇ、母べぇ、初べぇ,照べぇ、と呼び合い

戦争という悲惨な状況の中にあって喜怒哀楽の中で懸命に生きる姿に

感動しました。どんな時でも明るさを忘れず家族の絆がこんなにも大切であり

素晴らしいことかを思い知らされました。また戦争の無い平和の有り難さも痛切

に感じさせられました。父べぇは獄中で死を迎えますが、亡くなる前に

手紙のやり取りや、獄中に面接に行きますが父べぇのあまりにやつれて

変貌した姿に言いたいことが沢山あったのに涙で何も言えないシーンがあり

母べぇの心情と愛の深さに感動して涙がでました。父べぇの死後、

母べぇは代用教員をしながら貧しいながらも二人の娘を育て行きます。

白い割烹着を身につけ自分を省みず、耐えず主人と娘達のことに献身的に

尽くす優しさ、強さ、そして子供と向き合いしっかり抱きしめてくれる母親の

姿に愛情の深さと尊さはまさに母親の永遠の理想像でした。

私も亡き母を思い出す時、決して晴れ着姿でなく、割烹着姿で台所で家事

をしたり洗濯したりしている平凡な母の姿です。父は新聞記者をしていましたが

激務で36歳の若さで亡くし苦労して育ててくれました。

今生きていたら、母に、有難うの言葉を言ってあげたいです。

映画を観終わり、悲しみの中にほのぼのとした暖かさを感じて私の心のなかに

何時までも残ることでしょう・・・・・

★下記の花のフォトは3月16日に入会した時に皆様から祝福して

戴いた花です(*^^)v 有難う御座いました。

2008_03180025

|

« 私の妻への愛のかたち | トップページ | バイクに思いを馳せる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サンタナさんの感想を見て、ますます『母べえ』見たいっと思いました。

毎日当たり前の生活が、どれほど幸せな事か、映画やドラマ・小説・音楽などでふと気付かされる事があります。何でも当たり前になってしまってるこの時代、アンテナを張っていないと、小さな幸せさえも見逃してしまいそうですね。日々感謝の心を忘れずに、過ごしていける人がどれほど凄いのかと考えさせられました。
私も暖かいお母さんになれたらと思います

投稿: スヌコ♪ | 2008年3月19日 (水) 17時20分

「母べぇ」を観ましたか!
観ようとは思いつつ見逃していました。吉永小百合の相手が浅野忠信とは親子の年の差ですね。さすがは小百合さん!母と同い年なのに、永遠に女ですね!
どうでもいい話でスミマセンm(__)m。
一家の中にあって母は太陽です!母が元気であればどんな困難も越えて行ける、というのが私の心情です。カッコつけ過ぎました…。美しい花の写真ありがとうございます。

投稿: のびこ | 2008年3月19日 (水) 19時28分

スヌコさん~こんばんは
いつもコメント頂き有難う御座います
この映画は家族の絆が素晴らしかったです現代はあまりに時間の流れが早く感じられ、ユックリと幸せを満喫できることが少ないですね  今が一番幸せな時だと思う事が
出来ればベストだと思います(*^^)vスヌコさんは
きっと、優しい暖かいお母さんになりますよ

投稿: <サンタナ | 2008年3月20日 (木) 18時12分

のびこさん~こんばんは
楽しいコメント頂き有難うございます
私は吉永小百合のデビュート当時「愛と死を見つめて」以来のフアンです
「一家の中にあって母は太陽です」素敵なフレーズ
ですねのびこさんは、お母様を信頼して
尊敬しておられるのですね
決してカッコつけ過ぎてるとは思いませんよ。
のびこさんも、素敵なお母様になってくださいね(^_^)v

投稿: <サンタナ | 2008年3月20日 (木) 18時37分

素晴らしいコメントを拝見させて頂きました。
まだ私は「ヒヨコ」です、先輩を見習って色々勉強していきたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: さる | 2008年3月22日 (土) 17時51分

さるさん~こんばんは私のブログに訪問して頂き有難うございます
私もブログ経験はあまりありません。
デジカメも、教室で初めてスヌコ先生に習って購入して皆と一緒に、動植物園の撮影会が始めてでした。楽しい思い出です
私こそ、これからもよろしく御願い致します<(_ _)>

投稿: ,<サンタナ | 2008年3月22日 (土) 22時13分

こんばんは 吉永小百合さんはお若いですね。
テレビで「母べぇ」の広告を見たときは驚きでした。
私の母も子供の頃は割烹着姿で、父は恐くて私にとっては遠い存在でした。
あるとき「お前はいつもお母さんの味方ばかりする」と言われたことがありましたが、
父にとっては寂しかったのかなと思ったりもします。
コメントは久し振りで申し訳ありませんでしたm(__)m
暖かくなってきましたので頑張ります。

投稿: フクちゃん | 2008年3月23日 (日) 20時48分

フクちゃんさん~こんばんは
母の割烹着姿は子供にとって最高でしたね
たしかに父親は昔は怖い存在でした。私は男の子でしたがあまり父と会話が有りませんでした
怒られことが多かったようです
ご主人と楽しい旅行をされて来てくださいね

投稿: ,<サンタナ | 2008年3月23日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「母べぇ」を観て:

« 私の妻への愛のかたち | トップページ | バイクに思いを馳せる »