« 夕日の海を観ながら | トップページ | 海&黄昏のフォト »

海辺のハマユウ

Constell

Bcolobokle

先日、写真愛好家の方から海辺に咲いている

ハマユウの話を聞き、好奇心がありましたので

写真を撮りに行きました 想像してたより美しさに欠けましたが

海の青さと、ハマユウの白さが調和して感動しました

ハマユウ(浜木綿)は彼岸花科で万年青で花は夏に咲くそうです

最盛期は過ぎていましたが、楽しませてくれました

下記にフォトを載せましたので観てくださいね

2008_08190021_2  2008_08190027

  Photo_3

|

« 夕日の海を観ながら | トップページ | 海&黄昏のフォト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハマユウ、海からの塩風に煽られながらも何気にそこに居るのか・・・
サンタナさん、私的に言うとハマユウは、色々なことを経験した女性であっても、女性の持つ品格さと、大らかさを抱いた人を感じます。
外見が美しくてもそうでなくても、心に穏やかさを抱き続けたいと、この花を見る度に思いますよ~~
百道浜にも咲いていましたね~
思わず、お母さん!って、呟いてました~笑
海の青さと、ハマユウの色がマッチした良いフォトですね~
強く生きる事と、優しく生きる事、同時に教えて頂きました~
感謝します

投稿: pikomama | 2008年8月20日 (水) 18時31分

サンタナさんハマユウ素敵ですね。
「やはり野に置け蓮華草」ではありませんがハマユウは海岸沿いがいいですね。
昔昔伊豆の海岸でハマユウの実を一個持って帰りました。
 父からこの実(球根のよう)は芽は直ぐに出るが・・・花が咲くには、8年かかると聞きました。本当に葉はどんどん成長し花が全く咲かず、場所は取るし、切って捨ててしまおうかと思った年、突然花が咲きました。清純で綺麗でした。あれから8年?と感動しました。今でも実家の庭の隅、畳二枚分くらいはハマユウの勢力区域です邪魔にナリ植木屋さんが毎年、ぶっちぎっても又芽を出しけなげに咲きます。可憐な花と違い根性あります。

投稿: 向日葵 | 2008年8月20日 (水) 19時18分

pikomamaさん~こんばんは
いつもコメント頂き感謝いたします
ハマユウにたいして優しい心使いをされていられるのですね私はハマユウは初めて観ました繊細さと逞しさを
感じました雨風にさらされけなげなに咲いて素敵でした
来年もまた最盛期に行って見たいと思いました
心に伝わるコメント有難う御座いました

投稿: ,<サンタナ | 2008年8月21日 (木) 22時11分

向日葵さん~こんばんは
朝夕は少し涼しくなりましたお母様の初盆の法要もおわり
ほっとされていらっしゃると存じます
ハマユウは見たことが有りませんでしたので、ロマンチックな花を想像して観に行きました見たときロマンチックと言うより
海辺に咲いて逞しさを感じて、綺麗な花の白さと緑の葉ですか・・・生命力を感じましたで調べて行けばまた違う角度で観賞されと思い。後悔しました来年も再度行き、見て楽しんで来たいと思いますいつも素敵なコメント頂き
有難う御座います

投稿: ,<サンタナ | 2008年8月21日 (木) 22時35分

追伸 参考までにフォトをクリックされますと拡大いたします。

投稿: ,<サンタナ | 2008年8月21日 (木) 22時38分

おはようございます今日も素敵な写真ありがとうございます
ハマユウとても綺麗ですね。ハマユウの花言葉は、「どこか遠くへ」
「純粋」だそうです。 お花の白さから、純粋な雰囲気が出ていますね。
また、写真楽しみにしています♪

投稿: スヌコ♪ | 2008年8月22日 (金) 10時00分

スヌコさん~おはようございます
いつもコメント頂き有難う御座います
私はハマユウは初めて観ましたなんでも南方の原産で昔暖流
に乗って漂置して繁殖したといわれているそうです。万葉集にも柿本人麻の一首に詠まれていて古代歌人にも愛された花だそうです。
海の青さと群生したハマユウの白い花の美しさは感動的でした

投稿: ,<サンタナ | 2008年8月22日 (金) 11時52分

サンタナさん母の事、覚えていていただき有難うございます。
 父が往生してから13年、母は一人で生きてまいりましたから・・・せめて母の傾聴にと・・・暇を見つけては山口県行きの高速バスに飛び乗る生活が13年間。
 暫く気抜けしたのか?スケジュールが空いても、何をしたら良いか判らず過ぎていましたが、やっと最近、高速バスに乗らない生活に慣れてきました。
 父、夫と先立つ仏様になってくれてますが、さすが母、初めて心から、私の傍で守ってくれてると感じます。感謝です。

投稿: 向日葵 | 2008年8月22日 (金) 22時34分

向日葵さん~こんばんは
お母様が心から傍で守ってくれている言葉に
感激いたしました私は初盆の法要がおわり妻がやはり
この世にいないと空ろな気持ちでしたが、コメントを拝見して妻がいつも傍で見守ってくれていと自分に言い聞かせて毎日を生きて行きたいと
念じて行かねばと思いました気づかせて頂き感謝します

投稿: ,<サンタナ | 2008年8月22日 (金) 23時57分

サンタナさん無理に思わなくても大丈夫ですよ
私も夫のときは全然仏縁が無かったから・・・往相(必ず浄土に行き仏様になられる)還相(仏様になられた方は直ぐ直ちにご縁の方の元に還り来て守って下さる)そのように住職に7日参り(49日までの7日ごとの中陰法要)の時、法話を頂いても・・・始めは実感が無く。が、7日、14日、21日と仏法を聞く中で、満中陰49日ともなると・・・夫を身近に少し感じられました。ガンでしたから苦しみました。仏様になられたのだったら良かったね。自然に手が合わさりました。それでもまだ見えない世界、半信半疑。よしと子供が自立した時。中央仏教学院(専修課程=僧侶になる為の課程で3年間学びました)本当に良かった。今は、夫が死んだら、おしまいで無い世界に導いてくれて感謝です。永遠のいのちに出会えました。そして母は本当に日々私に息子に現れて下さるの。不思議です。きっと私が不憫だと何時も言ってたから、見せてくれてるのでしょう。仏様は、ほら何時も貴女の傍にいたでしょうと

投稿: 向日葵 | 2008年8月23日 (土) 23時02分

サンタナさん

久しぶりのコメントですみません。

浜木綿って清楚で上品なんですね。サンタナさん好みな花でしょう
写真のセンスがよろしいですわ〜

投稿: のびこ | 2008年8月31日 (日) 20時17分

のびこさん~こんばんは
忙しい中コメント有難う御座います私も今回ハマユウを初めて観ましたが白の清純な花で感激しました
海辺に群生して海とのコントラストが素敵でした来年もまた最盛期にハマユウに会いに来たいと思っています

投稿: ,<サンタナ | 2008年8月31日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海辺のハマユウ:

« 夕日の海を観ながら | トップページ | 海&黄昏のフォト »