« いけばな展のフォト・パート2 | トップページ | 二見が浦の風景 »

ねこちゃんとの出会い

Photo

私のブログで4月に錦帯橋の花見のブログを載せましたが、その時にねこちゃんとの出会いがありました。どうしてもそのねこちゃんの事が記憶に残り、書きたいたと思う衝動にかられ、今回、記事にしました

その日は、小雨が降っていて岩国城に行くためになだらかな坂道を歩いていましたら、急に気分が悪くなり眩暈がして歩けなくなり、お寺の門の近くので休んでいましたら、写真のねこちゃんが、お寺の近くから出てきて、私の傍にきて懐いてくれました。行儀のいい毛並みの綺麗なねこちゃんでした。しばらく話したり、遊んでいるうちに気分が良くなりました。名残惜しかったのですが、有難うと、言って別れ際に写真を1枚撮りました。いつまでも見送ってくれた、そのねこちゃんに、今でも感謝しています。いつの日か機会を見つけて会いに行こうと思ってます 

フォトをクリックで画像が大きくなりますよ

2008_04090081_2 

|

« いけばな展のフォト・パート2 | トップページ | 二見が浦の風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サンタナさん凄く賢そうな猫ですね
 サンタナさんが気分が悪くなられた時だそうですから・・・
奥様が猫の身を借りて介抱に見えたのかも・・・きっとそうですよ。
 いろんな出来事、色んな出会いを、あっ夫が、母が、父が結んでくれた縁かも・・・そう思うと思わず手が合わさり・・・満たされる私です。
 素敵な思い出有難う

投稿: 向日葵 | 2008年9月 7日 (日) 18時14分

サンタナさん、こんばんは~☆
姿も表情も気品があって優雅な猫ちゃんです。
イエイエ、猫ちゃんと言うのが悪いと思うような気品だなぁ~と、思いますよ(^^)
老人ホームで癒しの為に用いられている猫ちゃんだそうですが、サンタナさんはまだまだ若いし、猫ちゃん可愛いと言う気持ちが、元気に成らせたのだろうと思う私ですv

今日は絵文字が最後まで使えなかった~。
普段の行いが悪いから?アハハ(笑)

投稿: pikomama | 2008年9月 8日 (月) 21時35分

向日葵さん~こんばんは
いつも真摯にコメント頂き有難う御座いますあの時の体験は忘れる事が出来ません私の想像ですがあの猫はお寺で飼われている猫だと思います。知人から動物を飼うと癒されていいと言われていますが、かって猫や、セキセイインコーを飼い、私の不注意で死なせた経験があり、未だに悲しい思い出として残っていますので、飼うのを断念しています

投稿: ,<サンタナ | 2008年9月 9日 (火) 17時53分

pikomamaさん~こんばんは
いつもウイットに富んだコメント頂き有難うございますあの猫は本当に上品な行儀のいい猫でしたいずれにしても癒され元気を貰い嬉しかったですいつか必ず会いに行こうと思っています

投稿: ,<サンタナ | 2008年9月 9日 (火) 18時03分

pikomamaさんこんばんは、
昨日から何回も今回のコメントについて考えてみましたが、今回のコメントで「老人ホームで癒しの為に用いられている猫ちゃんだそうですが」このフレーズの意味がどうしても理解出来ません。
今回のコメントの意図が理解出来ません。

投稿: ,<サンタナ | 2008年9月10日 (水) 21時21分

サンタナさんそうですね。私の友人も一番辛い時ペット(人間より寿命が短い)に助けられたと言っていました。でもそのペットを失った時ご伴侶が往生された時より・・・辛そうでした。一緒に火葬場についていきお経を上げました。愛別離苦(出会ったものは必ず別れる)一時的な癒しは・・・救いにはならない。
 サンタナさんは写真お上手だから・・・サンタナさんの感性で向き合われた写真で、サンタナさんの写真のフアンを楽しませてください。それが癒しに成ればと願います。。待ってま~す

投稿: 向日葵 | 2008年9月11日 (木) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねこちゃんとの出会い:

« いけばな展のフォト・パート2 | トップページ | 二見が浦の風景 »