« 駕与丁公園の薔薇のフォト | トップページ | 花菖蒲&百合のフォト »

新婚生活の思い出

Photo_16

南こうせつの「神田川」の曲を聴くと私の新婚生活を思い出します。住まいは10世帯の小さなアパートで4畳半の部屋に畳半分位の炊事場、トイレは共同でした部屋の中の家具は、洋服ダンス、ミシン、ラジオ、折りたたみの小さなテーブル、布団類、だけでした。私が若かったので貯金もなく、薄給で食事はハムエッグを良く食べました。牛肉などは食べることがありませんでした、共稼ぎで妻は月曜日が休日で一緒に休むことは正月の3日間でした。風呂は銭湯に神田川の歌の文句ではありませんが、一つの石鹸箱をタオルで包みカタカタと石鹸の音がして、足元では下駄の音がカタコトと響き、冬の寒い時は腕を組んで肩を寄せ合い寄り添って行っていました。銭湯の中では仕切りの下の隙間から石鹸箱を手渡していました。銭湯から出て待つのはいつも私でした。 唯一の楽しみは銭湯の帰りに小さな映画館に再映の日活の映画を二人で観に行くことでした 金は無くても明日への夢と、漠然とした希望がありました 炊事や洗濯をしながらいつも鼻歌を口ずさんでいた妻の姿を思い出します。生活が苦しくても、辛くてもいつも笑顔で明るく振舞って我侭な私を支えてくれました

結婚生活を振りかえって貧しくても真剣に懸命に生きたあの頃が40数年経過しても風化せず懐かしく楽しかった思い出としていつまでも記憶に残っています

それは私にとって掛け替えのない大切な宝物だと思っています

|

« 駕与丁公園の薔薇のフォト | トップページ | 花菖蒲&百合のフォト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サンタナさん素敵な思い出ですね
 新婚の思い出いいですね。色んなものを二人で・・・
そろえていく日々の楽しさが目に浮かびます。奥様の素敵さも伝わりました。
 マザーテレサが訪日されたとき、日本は豊かだが、大切なものを見失わないようにと・・・、言われたそうですが・・・。彼女が亡くなったとき数枚の綿の洋服、スカーフと、布袋だけだったとか。
 人間にとって大切なものは、何と思い出させていただきました。有難う

投稿: 向日葵 | 2009年6月 3日 (水) 19時30分

素敵な時代を過ごされたんですね。ヽ(´▽`)/
いつまでも風化せずに大切な思い出をしまっておけるなんて素敵な方ですね。
いつまでも いつまでも 思い出を大切になさってくださいね

投稿: とこりん | 2009年6月 3日 (水) 22時02分

サンタナさん おはようございま~す
本日の天気はうす曇り 心は快晴・・・その心は・・・ゆったり流れ行く新婚生活 ヽ(´▽`)/  物はなくとも、豊かな心とゆったり流れる時 殺伐とした現在に必要なような
仲良しご夫婦だったことが伝わってきましたよ 

投稿: おとめちゃん | 2009年6月 4日 (木) 11時01分

サンタナさん


なんだかジーンとする話ですね。ささやかな生活の中にもモダンな文化も潜んでいたりして

ハムエッグってのもお洒落です。(何言ってるんだか?)

今の若い人達は、結婚生活の初めから恵まれた環境を手に入れようとしますよね、私もそうかも知れませんが
素敵な思い出をサラッと文章にできるサンタナさんは稀有なジェントルマンですよ絶対

投稿: のびこ | 2009年6月 4日 (木) 12時33分

こんにちは~
サンタナさん新婚生活の思い出じっくり読ませて
いただきました。
40年前は大変な時代だったんだな~って実感しました
でも、お二人でステキな家庭を築かれたことでしょうね
yumecoも昔のことを思い出しては溜息をつく
ことがあります。
でも、思い出を大切にこれからも生きて行きたいですね
大切な思い出話ありがとうございました

投稿: yumeco | 2009年6月 5日 (金) 10時13分

こんにちは
とても心温まる素敵なお話ありがとうございました
幸せって、小さな幸せが集まって大きな幸せへと繋がるんですよね
今の時代、何かと「もの」が溢れ過ぎていて贅沢に育った若者達は、小さな幸せも見逃してしまいがちです。
ものが少なく、贅沢が出来ない時代だったからこそ、人の温もりを倍感じられたのかもしれませんね
私も小さな幸せを見逃さない様にアンテナ張って過ごしたいと思います

投稿: スヌコ♪ | 2009年6月 5日 (金) 15時22分

向日葵さん~こんばんは
いつも教訓になるコメント頂き有り難う御座います いま部屋の中の家具や調度品を眺めて一つ一つ二人で調達して行きましたから、それぞれに思い出があり懐かしいです 年数がたっても買え変えず修理して使っています。愛着があります 妻の洋服ダンスも明けて見る心境にならずそのままにしています。
マザーテレサは本当に無償の愛で人を救った素晴らしい人ですね

投稿: サンタナ | 2009年6月 5日 (金) 21時52分

とこりんさん~こんばんは
長い人生の中でいつまでも記憶に残る思い出は忘れないものですね 共感して頂き有り難う御座います他界した妻も生前中にあの頃が一番楽しかったねと良く話していました
とこりんさんのブログを拝見していつもご家族の微笑ましい様子に
感激しています素敵なご家族と思っていますo(*^▽^*)o

投稿: サンタナ | 2009年6月 5日 (金) 22時13分

おとめちゃんさん~こんばんは
いつもユニークなコメント有り難うございます 若さだけが財産の新婚生活で物質的に
恵まれなくてもあの頃を思い出すと愛と信頼だけで生活していましたから楽しく懐かしいのだと思います
でも口論はしていました憎しみがなく本音でぶつかり合いましたから深層心理が理解できすぐに仲直りしていました

投稿: サンタナ | 2009年6月 5日 (金) 22時34分

のびこさん~こんばんは
いつも素敵なコメント頂き有り難うございます 私の性格をご存知だと思いすが直ぐに行動に走る所があります生活能力が無いのに愛があればなんとかなる、そんな思いで結婚しましたので妻には生活苦や仕事と家事で苦労かけと思っています 当事は今と違いに人情があり隣人もいい人が多かったので 生きて行くのに希望がありました物には不自由しましたが幸せでした

投稿: サンタナ | 2009年6月 5日 (金) 22時58分

yumekoさん~こんばんは
いつも素敵なコメント頂き有り難うございます 若さは将来が未知ですから懸命に生きれば道が開ける
二人で力を合わせれば何とかなる、二人ともポジティブな性格ですから苦労も辛さも楽しい思いでになったのだと思います 心が豊かであれば幸せかもしれませんねo(*^▽^*)o

投稿: サンタナ | 2009年6月 5日 (金) 23時12分

スヌコさん~こんばんは
いつも素敵なコメント頂き有り難うございます
今の時代はあの頃と比べて物があふれ何でもありますね
物質的には恵まれた善き時代だと思います
でも心が貧しくなっているような気がします人として本当の幸せは、思い遣り、優しさ、欠点を見らず長所を見る度量と愛の深さではないかと思います

投稿: サンタナ | 2009年6月 5日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新婚生活の思い出:

« 駕与丁公園の薔薇のフォト | トップページ | 花菖蒲&百合のフォト »