« 見帰りの滝のフォト | トップページ | 山笠の集団山見せのフォト »

自分の存在とは

Photo

最近、実現できれば最高かなと、不可能な事と理解していながら思考して載せました。人里離れた家に住み、森林山中に自然独居して、移り行く自然を眺め、朝日が昇る頃に目をさまし、日暮れと共に眠りに就く、テレビ、ラジオ、新聞も無く、外部からの情報はシャットアウトし、総てのしがらみから離れ、執着を捨て、自我を捨て無になって、自分を探求したら違う自分が見えて来るかもしれない。たとえそれが負の条件であっても覚悟を決める。実現しても、1ヶ月間過ごせばギブアップだと想像しますが、自己の探求を1度体験してみたいと思う。

|

« 見帰りの滝のフォト | トップページ | 山笠の集団山見せのフォト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(◎´∀`)ノ見返りの滝ですか?いいですね。
マイナスイオンがいっぱいでリフレッシュできそうです。
行ってみたいな~

投稿: とこりん | 2009年7月11日 (土) 23時18分

サンタナさんこんにちは
都会の雑踏からシャットアウトされた場所で
過ごしてみたいと思うお気持ちは非常に
よく分かりますよ
人間誰しもそのような願望を持っているものですよね。

現代社会はコンピュータが発達し、何もかもが
機会によって動いていることには便利さを痛いほど
感じますが、何か大事な物を忘れていくような
感覚にもなりますね

私もそのような生活に憧れますが、きっとサンタナさんの
おっしゃるとおり、すぐにギブアップしてしまいそう・・・
自己の探求、これからゆっくり一つずつ探して行きたいです。

投稿: Lyme | 2009年7月13日 (月) 11時58分

とこりんさん~こんばんは
いつもコメント頂き感謝です 滝を眺め傍に居ると
マイナスイオンの効果もあり、おおげさに言えば人間のルーツに還った不思議な安堵感があります是非機会を見つけられて行かれて下さい(*゚▽゚)ノ  感動されると思います

投稿: サンタナ | 2009年7月13日 (月) 22時33分

Lymeさん~こんばんは
いつも素敵なコメント頂き有り難う御座います
今回の記事に共感して頂き嬉しいです
日頃、生活しながら、惰性に流れたり、自分の人生についてこれでいいだろうか?ふっと立ち止まって疑問を持つことは誰しもある事だと思います 大切なに事に気づかず見過ごているのではないだろうか 一生に1度ぐらい自分の本音を誰れに遠慮することなく口にしてみたい願望もあります・・・・これも歳のせいでしょか

投稿: サンタナ | 2009年7月13日 (月) 23時02分

サンタナさん こんばんはってちょっと早いかな
部屋から夕焼けが見えてます
都会の雑踏から逃げ出したい そんな気持ちはみんな持ってるかも
便利すぎる世の中 ついつい愚痴の一つや二つ お~っと おとめちゃんは三つも四つも・・・いちど不便な生活してみるのも・・・煩悩がいいこちゃんになれるかしら そんな生活おくれたら最高かな いやいや一週間でお手上げかな 一ヶ月がまんできれば最高ですよサンタナさんヽ(´▽`)/

投稿: おとめちゃん | 2009年7月14日 (火) 19時36分

おとめちゃんさん~こんばんは
いつも微笑ましいコメント頂き元気付けられます有り難う自分の過去があまりに愚か故に失敗が多かったか 善と悪が入り混じって本当の自分は真面目な
いい人間だったろうか 考えてみれば答えが出る問題ではありませんね。ただ、この世から去るとき「いい人生だった」と思いたい願いがあります妻から言わせば罪深い男でしたからあの世から妻が(そうはいかないでしょうと)言っているな気がします・・・

投稿: サンタナ | 2009年7月14日 (火) 21時53分

サンタナさん

随分お疲れですか?
お気持ち凄く分かりますストレスフルな現代ですものね
新聞にありましたが、現代人の過度のストレスや心の病などの背後には現代文明、社会の人間疎外の問題があるそう。人間性と人間の主体性の回復を図っていく事が大切との事。心身共の健康が大切ですね
私もボンヤリ過ごしたい時がありますよ。
サンタナさん、全てをシャットアウトは無理でしょうが糸島あたりににセカンドハウスを持つというのもいいかも
なーんつって

投稿: のびこ | 2009年7月17日 (金) 23時14分

のびこさん~お早う御座います
いつも心の篭ったコメント頂き感謝しています
年齢を重ねていき、自分がこれからの人生設計を考えると不安と焦燥感がいり交じり、時間の流れが昔に比べて早く、煩雑で騒然とした情報社会から逃れて、ゆっくりした時間の流れに身を置けば、心の平安と躁鬱の状態から開放されるかもと思いました。実現不可能と思いながらも今回の記事を心の命ずるままに書きました。ご心配おかけして申し訳ありません

投稿: サンタナ | 2009年7月18日 (土) 11時50分

サンタナさんご無沙汰してすみません。
北京に行ってて、さっき帰国しました。北京は12~3年ぶりでしたが、凄く変わっていました。町並みが大都会になり、綺麗でした。
 5つ世界遺産を巡る旅。頤和園・万里の長城・明の十三陵・故宮博物院・紫禁城 見てきました。足が・・・
どれも中国5千年の歴史の足跡。人間はその中で、ご縁の年代に、100年足らず関わるのでしょうが、私の足跡など誰も気付かないかもしれない。 でも、バトンを受け取り、私まで、続いたから、 そのちっぽけな たった1歩の私の足跡が・・・次世代を、いざなう そして、世界遺産たちは、今私に脅威に近い、感動、驚嘆を くれるのかも
 そう思う時、 人間も大自然中の一部ですね。その大自然の営みに、任せてみたい? サンタナさんの、大自然への中で暮らしたい甚く共感しました。

投稿: 向日葵 | 2009年7月19日 (日) 18時36分

向日葵さん~こんにちは
お疲れのところ早速のコメント頂き有り難う御座います
北京の世界遺産を巡る旅をされ感動された事と思いますでも、かなりお疲れになられたでしょ過去から引き継がれた大切な宝物ですね世界の人々の共有財産ですねそこに行かれた向日葵さんはご自分の体感された感激や脅威を後の人に語り継がれることは命の繋がりを感じます私は海外旅行が健康状の問題で行けないだけに向日葵さんの世界遺産の旅の記事を読んだりフォトを観て知識や感激されたご様子が伝わって来ます有り難うございますいつでしたか森の中で目を閉じて何も考えず静の状態でいましたら、風の音や自然の暖かい命を体感して
心地よい感動を受けた事があります

投稿: サンタナ | 2009年7月20日 (月) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の存在とは:

« 見帰りの滝のフォト | トップページ | 山笠の集団山見せのフォト »