育児

彼女達との出会い

Tulipgif2私は昨年九月に妻が他界して後、家に居ると鬱状態になり、気分が優れず、体調も悪くなるので、毎日のように外出して天神界隈まで行き、映画を観たり、ショッピングをしたりして、気分転換をして過ごしています

今日は、疲れたので天神の警固公園の石のベンチに座って休んでいると、何処からともなくやって来た、二十歳前位の三人 の女の子達が私の近くに座った。どうみても不良染みた感じである。大人と子供が同居している感じで、会話は大人びていた。でも笑顔はまだ幼さが残っていて可愛いなあと思った。話が面白いので、聞くとはなしに聞いていたら、おじさん一人?と聞くから、そうだよと言うと、黙ってうつむいた。あまり話かけると、うざいとか、きもいいとか、言われるので、遠慮しながら控えめに世間話をしたが、結構、楽しく愉快な時を過ごす事が出来た。別れ際に、ありがとう楽しかったよ、と礼を言うと、「おじさん格好いいよ、いい人見つけて頑張ってね」 と笑みえを浮かべ手を振って言われた。せめてものお世辞だけど曇り空から晴れ間がのぞいた気分になり、寂しさが紛れ素直に嬉しかった

彼女達は、疎外感を持ち、粋がってるけど潜在的にどうしょうもない哀しみや寂しさを持っている。世間で言う、不良だとか悪い女の子だとレッテルを貼られた彼女達は皆がそうだとは思わないけど、私が若い頃人生に絶望し挫折している時期に半端じゃなく優しく励ましてくれた、彼女達のいい思い出がある

三越のデパ地下まで歩きながら、早く鬱病を克服して、年齢を享受しながら人に優しく、人生のまろやかなエイジングになりたいと思いました

私の元中学の運動場があった警固公園のフォトです

2008_04090038 

2008_040900352008_04090042

| | コメント (13) | トラックバック (0)